Loading...
BLOG
  • 生活

ゴールデンウィークの暇つぶしはこれ!おうち時間に海外ドラマをイッキ見しよう!

2020/4/28

ゴールデンウィークの暇つぶしはこれ!おうち時間に海外ドラマをイッキ見しよう!

今年もやってきました、ゴールデンウィーク(以下、GW)。
2020年のGWは外出自粛でどこにもお出かけができず、これではせっかくの連休も暇を持て余してしまう!と嘆いている人のために、おうち時間を充実させる方法は何かないかと考えみたところ、真っ先に浮かんだのが海外ドラマのイッキ見でした。
シーズン数が多かったり、1シーズンごとのエピソードも多い海外ドラマは、見るのにまとまった時間と根気が必要なイメージがありますが、自宅で時間を持て余している今こそ気になるあのドラマを一気が見れる絶好のチャンスです。
そんなイッキ見を気軽に始めるための方法と、最初に見て欲しい作品を紹介したいと思います。

動画配信サービスを使う

一昔前までは、レンタルビデオショップまでで見たいDVDを1枚ずつ借りに行って、と手間もお金もかかる海外ドラマ鑑賞は少々ハードルの高いものでしたが、ありがたいことに昨今はNetflix、Amazon Prime、Huluをはじめとする動画配信サービスが普及したことで、手軽に動画コンテンツを楽しむことができるようになりました。
わざわざ外出をしなくても、自宅ですぐに好きな作品を見始めることができるなんて、自宅で過ごす連休にもってこいですね。
まだ動画配信サービスに加入していない人も、先述のサービスはいずれも無料お試し期間もあるので、GWの期間中だけ無料で見る、なんてこともできるでしょう。

そして、動画配信サービスに契約したは良いが、どの作品から見たら良いか分からない、っていう人のためにとりあえずこれを見ろと言わんばかりに、ベタ中のベタな作品を各サービスでの配信情報も添えて4つ紹介させていただきます。(配信情報は4月27日時点のもの)

24


言わずと知れた海外ドラマの金字塔。
2000年代における日本での海外ドラマブームの火付け役となり、社会現象となりました。
1話で1時間のストーリーがリアルタイムで進行し、1シーズン24時間(24話)で1日の出来事を描くという斬新なリアルタイムサスペンス。
視聴者を裏切るどんでん返しの多いスリリングな展開は、一度見始めたら止まりません。
初めて見た当時、動画配信サービスがまだなくDVDを1枚ずつ借りて観ていた筆者は、「今日はこれだけにしよう」と借りた1枚だけでは足りず、その日中に続きを見るためにもう一度レンタルDVDショップに気がついたら足を運んでしまうくらい中毒になってしまいました。
基本的に1シーズン24話で本編は全8シーズンという大ボリュームなので、連日時間が有り余って仕方ない場合にはうってつけ。(できればドラマと同じ時刻から見初めてほしいですね)
今年10月には唐沢寿明主演で日本版の製作・放送も決定しているようなので、気になっている方は予習にも良いと思います。

動画配信サービス配信情報

Netflix×
Amazon Prime(レンタル視聴)
Hulu

プリズンブレイク


タイトル通り、刑務所からの脱獄をストーリーとした、24と並ぶ大ヒット作。
スリリングな展開の中にもある情に訴えかけるようなシーンは、まさに大脱走やショーシャンクの空にを彷彿させる壮大ドラマ。
こちらは全5シーズンと、24と比べるとやや短めですが、主人公マイケル・スコフィールドが刑務所で出会う登場人物たちのキャラクターの個性や人間っぽさが、シリーズ後半ではたまらなくなってきて、気がつけば愛着が生まれてしまいます。

動画配信サービス配信情報

Netflix×
Amazon Prime(一部レンタル視聴)
Hulu

ウォーキング・デッド


ゾンビによって侵された世界を描く、近年の成功作。
上記2作と異なるのは、現在も新シリーズが進行中ということで、今後も新たなエピソードが追加されるでしょう。(現時点での最新はシーズン10)
いわゆる「ゾンビもの」のようなグロテスクな描写ももちろんありますが、どちらかと言うとゾンビに侵された世界で生きる人間同士に生まれる愛や友情、あるいは憎しみ合いが描かれているのが印象的で、ヒューマンドラマとしての要素も強く感じられます。(筆者も最初はゾンビの映像にビビってばかりでしたが、5話あたりからは慣れ始め、慣れればむしろ可愛いくすら見えてきました)
退廃した世界から生まれる文明や国家の概念、実世界の歴史に通ずるところも多く、非常時に生まれる人間の心情や行動の描写は、新型コロナウィルスがパンデミックとなった今日の社会と重なって映るシーンもあるでしょう。
なのでどうかゾンビに怖がらずに、騙されたと思って見て欲しいです。(とは言え最初はやっぱり怖いです)

動画配信サービス配信情報

Netflix(シーズン9まで)
Amazon Prime(一部レンタル視聴)
Hulu

シリコンバレー


最後は上記3作に比べてややマイナーな作品をセレクト。
世界有数のITの聖地シリコンバレーで、オタクの青年プログラマーたちが、自身で開発した技術を持って様々な困難に四苦八苦しながら、夢に向かって進んでいく姿を描いたコメディドラマ。
何と言ってもこのドラマの魅力は見やすさです。
ITを扱うストーリーだと何かと取っつきづらそうという印象を持つかもしれませんが、それもご心配なく。
専門用語こそしばしば登場しますが、コミカルな登場人物たちによるツッコミどころ満載なやりとりのおかげで面白おかしく見せてくれます。
時間も1話30分以内なので、肩肘張らずにサラッと見れます。
何も考えずにソファやベッドで寝転びながらダラーっと観るのにオススメです。

動画配信サービス配信情報

Netflix×
Amazon Prime
Hulu×

注意点

海外ドラマ(特に上記だとシリコンバレー以外の3作)はストーリーや展開が生命線なので、誰かと話題にする時は必ずネタバレに気をつけましょう。
筆者も観後の興奮を伝えようと、既に観た友人とそのドラマの話をしたところ、うっかり友人がその後のネタバレをしてしまう、という事件に何度か遭ってことがあります。
もちろんオチがわかっていても面白ものは面白いですが、ネタバレしていない方がネタバレしているよりそりゃ面白いに決まっています。できれば新鮮な情報のままストーリーを楽しみたいものです。
もちろん、自分が誰かにネタバレしてしまわないようにも気を付けましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。
海外ドラマ好きからすれば王道中の王道ばかりの紹介となってしまいましたが、なかなかまとまった時間がなくて海外ドラマに挑戦できなかった、という人にとって良いきっかけになればなと思います。

ほかの記事を読む